バスケ用語を覚えよう!

※「BASKEMAN」さんのホームページを参考・引用しています。
http://baskeman.littlestar.jp/vocabulary.html


《ポジション》

 1番(ポイントガード)    チームの司令塔としてゲームをコントロールする役割。
                    広い視野を持って攻撃の組み立てを行ない、他の四人の能力を引き出す。
                                           ボールキープ・パス・ドリブルの能力、アウトサイド・カットインの能力が求められる

 
 2番(スモール・シューティングガード)  ポイントガードの補佐的な役割だがポイントガードより積極的にゴールを狙う。
                                                                         ボールキープ・パス・ドリブル・スチールの能力、アウトサイド・カットインの能力が求められる。

 3番(スモールフォワード)  ガードが指示する攻撃の組み立てにしたがい、アウトサイドやインサイドでシュートに直結するパスが受けやすいポジションを常に探す。
                                                  アウトサイドのシュート力、インサイドでのオフェンス力、パスやリバウンド力が求められる。

 4番(パワーフォワード)  センターの補佐的な役割。ポストプレイやスクリーンプレイで味方にチャンスを与える。
                                                ゴールを背にしたピボット・プレイ、ゴール付近のシュート力、リバウンド・ブロックショット力が求められる。

 5番(センター)  オフェンスでもディフェンスでもチームの要。
                              ゴール下でのシュート力、リバウンド・ブロックショット力、スクリーンプレイやポストプレイなどが求められる。
 

《オフェンス用語》

 トリプルスレット  パス、ドリブル、シュートにもいける状態。基本中の基本。

 カットイン  ディフェンスラインを破ってゴール下に入ること。

 アウトナンバー  3対2、2対1などオフェンス側の人数がディフェンス側を上回っていること。

 Lカット  L字のように直角に動いてボールをもらいに行くこと。

 Vカット  V字のように動いてボールをもらいに行くこと。

 セットオフェンス  遅攻。味方の陣形を整えてから組織的に行うオフェンス。

 フォーメーションプレイ   チームが持っている独自の約束事のある連携プレイ。

 ペース・オブ・チェンジ   攻撃のリズムやスピードを変えること。

 ピボット   片足軸にして方向を変える方法。軸足が動けばトラベリングをとられる。

 ファーストブレイク  速攻のこと。
 

《ディフェンス用語》

 スクリーンアウト  リバウンドの際、相手を合法的にブロックすること。

 ディナイ  自分のマークマンにパスが通らないようパスコースをふさぐディフェンス。

 セイフティ  リバウンドに入らずに、相手の速攻に備えてポジションにつくプレイヤーのこと。

 リバウンド  ゴールインせずにリングやバックボードに当たって跳ね返ったシュートボールをキャッチすること。

 ローテーション  一人が抜かれた場合に、それをカバーするために順番にマークをずらしていくデフェンス方法。

 インターセプト  パスを途中でカットしたり奪ったりすること。

 ゾーンディフェンス  5人が守備範囲をあらかじめ決め、そのエリアを中心に守るディフェンスの方法。(2-1-2、1-3-1など)

 マンツーマンディフェンス  5人それぞれがマークすべき相手を決めて守るディフェンス方法。

 ブロックショット  相手のシュートをブロックすること。

 ウィークサイド  ディフェンスの守りが手薄なところ、または弱いところ。

 スイッチ  スクリーンプレイの際にマークマンを交換すること。

 スライド  スイッチとは違いスクリーンプレイの際そのままのマークマンにつくこと。

 ダブルチーム  オフェンス一人をディフェンス2人で守ること。

 フェイスディフェンス  マークするディフェンスに正対するディフェンス。

 ミスマッチ  背の低いデフェンスが背の高いオフェンスをマークすること。
 

《シュート用語》

 セットシュート  基本姿勢の静止状態から打つシュート。

 ジャンプシュート  ジャンプして空中で打つセットシュート。

 バンクシュート  バックボードを利用するシュート。

 レイアップシュート  ゴール下へ走りこみシュートするランニングシュート。

 クローズアップシュート  レイアップシュートとほとんど同じ、シュートがセットシュートの形になる。

 フックシュート  ゴール下付近で体の横幅を使い後方で大きく手を振りかぶって打つシュート(片手)。

 ダンクシュート  ボールを直接リングへ叩き込むシュート。

 ダブルクラッチシュート  レイアップなどでデフェンスをかわすためにリリースのタイミングを変えて打つシュート。
 

《ドリブル用語》

 レッグスルードリブル  ボールを股の下をくぐらせてドリブルチェンジすること。

 バックチェンジドリブル  背中側(後ろ)でドリブルチェンジをすること。

 バックロールターンドリブル  リーバース・ターンを使ってドリブルチェンジをすること。

 フロントチェンジドリブル  体の前でドリブルチェンジをすること。
 

《パス用語》

 チェストパス  腕の前で構え、両手で出すパス。トリプルスレットの状態を意識して練習するとなおいい。

 バウンズパス  コートにボールをバウンドさせて出すパス。相手までの3分の2ぐらいの位置でバウンドさせる。

 オーバーヘッドパス  頭の上にボールを構えて押し出すパス。

 ショルダーパス  肩の上でボールを構え、片手で投げるパス。ロングパスなどで使う。

 ビハインドバックパス  背中の後ろ側から味方へ送るトリッキーなパス。

 ノールックパス  パスする相手を見ずにパスをすること。
 

《リバウンド用語》

 ワンハンドリバウンド  ボールを片手で抱え込むように引き寄せるリバウンドのこと。

 チップアウトリバウンド  相手との競り合いの中でワンハンドでキャッチしにくくなった場合にボールを味方にたたき出すこと。

 ボスハンドリバウンド  両手でしっかりとキャッチすること。
 

《その他の用語》

 ルーズボール  どちらのチームにも保持されていない状態のボール。

 ヘルドボール  ディフェンスとオフェンスが共にボールをつかみ、プレーが続かなくなった状態。

 ジャンプボール  両チームから一人ずつジャンパーが出て、審判のトスするボールをタップすること。

 ハイポスト  フリースローラインを含んだ高い位置のポストポジション。

 ローポスト  エンドライン側のポストポジション。

 アシストバス  直接得点に結びつくパスのこと。






















 

 

 

 


inserted by FC2 system